CFF シェファムフードファクトリー
生き甲斐、やり甲斐、愉快、美味しい笑顔を多くの方々に~
  • トップページ
  • 組織概要
  • お問い合わせ
  • 良品通販
  • 生産者のご紹介
  • 福祉応援
  • ものづくり応援
  • 新聞・風土職人
  • 美の国日本

通販会員新聞 風土職人

【さんが職人】 有限会社青倉商店

[ 2016-06-10 ]

南房総郷土料理の味「伏姫さんが焼」

さんが焼は、昔は「さんがら焼」と呼ばれ、三種(生姜・ねぎ・大葉)の辛い野菜(三辛=さんがら)を入れて焼いたものと言われています。魚の臭みを抑えて殺菌作用もあり、昔ながらの知恵が詰まった漁師料理が発祥と伝えられています。日本特有の発酵文化ならではの味付けで、味噌や醤油にだしを効かせ油で揚げないで焼き上げたもので、その一枚にはぎっしりと元気の源が詰め込まれています。十数年前に当主青木夫妻が添加物を使用しない昔ながらの手法にこだわり、より美味しいを追求して作り上げた逸品です。今では鰺の他にも鯛、鰯、秋刀魚、いさき、鯨など多くのさんが焼を作っています。そのさんが焼をベースにして中にリコッタチーズを入れて揚げた「リコッタさんがカツ」や、ライスバーガーや、さんが味噌、さんがそぼろ、さんが焼売なども人気のひと品。

4代目店主の青木則文さん。

直営店「道の駅富楽里とみやま店」

館山高速道からも一般道からも入ることが出来る道の駅富楽里とみやまは、南房総わ訪れる人にも、東京への高速バスや近隣の人にも便利で人気の道の駅。開業当初から同道の駅の2階に構えるこの店が凄いのだ。週末や観光シーズンには大賑わいでさんが焼は勿論のこと、大人気の鰯のつみれ汁は300杯〜500杯も出るのだ。こだわりの鮭弁当や房総ポークのハンバーグ弁当、さんがの握り鮨などは訪れる人達が満足にひたる極上の味と称されている。
是非一度は訪れてみてほしい。

ご当地の味満載の本格ケータリングサービス

ご当地の食材をふんだんに使い、美味しい安心手作りを基本にしたものづくりはどんどん進化している。医療機関として実績ある総合病院「亀田総合病院」の会合でのケータリングサービスは最早弁当惣菜の店の域を超越していることは間違いないことで、多くの人達が舌鼓打つものでその支持を深めている。現場で提供するさんが握り寿司は職人が目の前で握り、房州産長ネギのかき揚げも揚げたてを提供。さんが紅白焼売、鰹節鯖節昆布の和のだしで作ったさんが汁、房総ポークのキーマカレー、さんがスパゲッティーなどメニューも豊富で毎回絶賛の人気振り。サービスエリアに限りはあるが機会が有れば堪能してみたい品揃い。その質をギュッと詰め込んだ「房州幕の内弁当」は道の駅の直営店でも求められるので是非食べてみてほしい。電話予約で取り置きも対応してくれるし、本店厨房も近いので300〜500食程度の依頼も可能。先ずは南房総を訪れたら店舗の品揃えを見てご堪能あれ。

良品通販のコーナーからお求め頂けます。
青倉商店 伏姫さんが焼 バラエティセット
・伏姫さんがあじ焼60g×2、伏姫モッツァレラさんが焼70g、房州いさきの塩さんが焼60g、春子鯛のさんが焼50g、真鰯のさんが焼50g×2、鯨のさんが焼50g、秋刀魚のさんが焼50g、さんが味噌100g、伏姫さんがしゅうまい×6
・冷凍
・180日
2,800
(税別・送料別)